【有料級】初心者でもAIブログで稼ぐコツと進め方を完全解説

ブログの文字数が検索上位に影響するのは本当?上位表示されるブログを作るコツ

ブロガーとして最もよく聞かれる質問の1つが、ブログ記事の文字数が検索結果に影響するかどうかというものです。

残念ながら、この質問には明確な答えがありません。

長い記事の方が上位に表示される傾向があると言う人もいれば、文字数は関係ないと考える人もいます。

今回は、このテーマを掘り下げ、上位に表示されるブログを作るためのヒントをご紹介します。

目次

ブログでAI使って稼ぐ時の考え方をまとめました。

上位表示できるキーワード選定の方法や、AIブログの書き方も詳細に解説するので、ぜひご覧になってください。

ブログの文字数は検索結果に影響しない

1-1.文字数の多さが重要なわけではない理由

ブログ記事の文字数がSEOに影響するというのは、よくある誤解です。

Googleや他の検索エンジンは、コンテンツの品質や関連性を考慮してランキングを決定していますが、文字数は直接的な要因ではありません。

なぜなら、Googleのアルゴリズムは、ユーザーの体験を優先するように設計されているため、記事の長さは読者にとっての関連性や有用性ほど重要ではありません。

例えば、1000語の記事が、情報量が少なく読者にとって役に立たない場合、300語の記事よりも上位にランキングされることがあります。

ただし、長い記事にはメリットもあります。長い記事には、より詳細な情報が含まれているため、読者にとってより有用である場合があります。

また、長い記事は、より多くのバリエーションのキーワードを含むことができ、SEO的に優れていることがあります。しかし、これらはランキングを左右する直接的な要因ではありません。

逆に、記事が短すぎる場合、Googleはコンテンツが不十分であると判断し、ランキングを下げることがあります。しかし、それでも、長い記事であることがランキングに必須であるとは言えません。

つまり、記事の文字数はランキングに影響を与える可能性があるが、直接的な要因ではありません。ランキングには、コンテンツの品質や関連性、ユーザー体験など、より多くの要因が関与しています。

したがって、記事を書く際には、長さよりも、読者が価値を見出せるコンテンツを提供することに焦点を当てることが大切です。

1-2.文字数にこだわりすぎると読者に不快感を与える場合もある

ブログ記事の文字数にこだわりすぎるのも逆効果です。

無関係な情報や繰り返しの情報でコンテンツを引き延ばそうとすれば、読者はすぐに興味を失い、読むのをやめてしまうでしょう。

これは、検索順位だけでなく、ブログの信頼性にも悪影響を及ぼすため、文字数よりも読者に価値を提供する高品質なコンテンツを作ることが大切です。

例えば料理ブログなら、レシピの手順を詳しく説明するのではなく、読者が気になるポイントやコツを分かりやすく伝えるようにするといいです。

ただし、必要な情報を省略しすぎると、読者に不足感を与えることになるため、適切な情報量を把握することが重要です。また、短文ばかりで文章が貧弱な印象を与えることもあるため、適度な長さや構成を考える必要があります。

結論として、読者にとって有益な情報を提供し、適切な情報量と構成で記事を作ることが、ブログの成功につながる秘訣ということです。

ブログの文字数が最適かを確認する

2-1.目的やターゲットに合わせた適切な文字数の設定方法

ブログ記事の文字数が検索順位に直接影響するわけではありませんが、ターゲット読者に合わせた最適な長さで記事を書くことが大切です。記事のトピックによって、詳細な説明が必要な場合は長い記事が有効、短い記事はニュースやオピニオン記事に、など状況に合わせる必要があります。

読者に合わせた最適な記事長さを見つけることは、ブログの成功に不可欠です。例えば、技術的な解説や商品のレビューは、読者が情報を把握しやすいように詳しく説明する必要があります。

一方、速報やトレンドに関する記事は文章全体が短くても問題ありません。読者の興味を引くことができれば、短い記事でも充分な影響力を持つことができるからです。

しかし、記事の長さが全てではありません。読者の好みによっては、長い記事よりも短い記事の方が好ましい場合があります。また、Googleなどの検索エンジンは、記事の品質やリンクの質などを評価するため、単純な文字数に頼るべきではありません。

結局のところ、記事の長さは、トピックと読者に適した最適なバランスを見つけることが大切です。適切な記事長さを見つけることで、読者がブログを継続的に読み続け、ブログが成功する可能性が高くなります。

参考までに、以前は2,000字~3,000字くらいで良いと言われていましたが、2023年時点での上位記事は7,000字~10,000字を超えることが多いようです。

上位記事ほどニーズを深掘りしているため、自然と長文記事が多くなります。

2-2.文字数の増減がアクセス数や滞在時間に与える影響

ブログ記事の長さは、読者の興味を引きつけるために重要な要素です。記事が短すぎると、読者はコンテンツに興味を持たずにサイトを離れてしまう可能性があります。一方、記事が長すぎると、読者は圧倒されて記事を読み終える前にサイトを離れることがあります。

そのため、最適な記事の長さを見つけるために、さまざまな長さの記事を試してみることが重要です。その際、あなたのトピックと読者にとって最適な長さを見つけることが大切です。

さらに、記事の長さは直帰率やページ滞在時間などのユーザーエンゲージメント指標にも影響を与えます。したがって、適切な長さを見つけることで、読者とのエンゲージメントを高めることができます。

ユーザーエンゲージメント指標とは?

ユーザーエンゲージメントとは、ユーザーがどれ位の時間滞在しているか、すぐにWebサイトから離れていないかなどの要素で表される、Web上におけるユーザーとサービスなどとの関係性の強さを意味します。

ただし、記事の長さだけがエンゲージメントに影響を与えるわけではありません。内容やターゲットオーディエンスなど、他の要素も重要です。そのため、記事の長さだけにこだわらず、総合的なアプローチを取ることが大切です。

以上のことから、最適な記事の長さを見つけることが、ブログ運営において重要な要素の一つであることがわかります。

上位表示されるブログ記事を作成するためのヒント

3-1.キーワードの選択と適切な配置

ブログ記事の検索順位を上げるためには、適切なキーワード選択と配置が重要です。まずは自分で想定したターゲットが検索する関連キーワードを調査しましょう。それらのキーワードは、記事のタイトルや見出し、本文などに自然に配置することが大切です。ただし、キーワードの使いすぎは逆効果になるため、適度な使い方を心がけましょう。

検索順位を上げるためには、キーワード選択にも注意が必要です。ターゲットオーディエンスが検索するキーワードを理解し、それらを記事に反映させることが重要です。例えば、美容に関する記事を書く場合、キーワードとして「美肌」「スキンケア」「化粧品」などを使用することが考えられます。

そして、。キーワードを適切な箇所に自然に配置することが重要です。例えば、タイトルや見出しにキーワードを入れることで、記事の内容を明確にし、検索順位を上げることができます。ただし、キーワードの使いすぎはスパムと見なされ検索順位に悪影響を与える可能性がありますので、適度な使用を心がけましょう。

とはいえ、キーワード選択と配置を気にしすぎるあまり、読者のニーズを無視してしまっては意味がありません。読者が求める情報を提供することが最も重要ですので、キーワードはあくまでも補助的な役割を果たすものであり、読者にとって有益な情報を提供することが大事、ということを優先しましょう。

キーワードを選ぶための参考記事はこちら

3-2.読者が求める情報を提供することの重要性

人に読まれるブログ記事を作成するには、読者が求めることに対して高品質で関連性の高い情報を提供することが重要です。読者が興味を持つようなニッチな分野でよくある問題の解決策を提供したり、よくある質問に答えることで、検索順位を上げるだけでなく、ブロガーとしての権威と信頼性を確立することができます。

例えば、料理ブログを運営している場合、読者が知りたいであろう料理のノウハウやテクニックを提供することが重要です。また、さらに条件を絞って特定の食材を使ったレシピなどを掲載することで、読者がその食材を使った料理を作りたいと思うように促すことができます。

しかし、情報提供だけでなく、ブログ記事をより魅力的にするために、読者が興味を持ちそうなトピックを提供することも重要です。例えば、季節に応じた食材の紹介や、旬の野菜を使った料理のアイデアを提供することで、読者の関心を引くことができます。

その一方で、読者が求める情報とは反対の意見を持つ人がいる場合もあります。しかし、その反対意見に対しても対応することで、ブロガーとしての信頼性をさらに高めることができます。

つまり、読者が求める情報を提供することが、自然と質の良いブログを作っていくことになります。読者にとって興味深い内容かどうか、しっかりと調査して記事を書くようにしましょう。

3-3.見出しや段落構成を工夫する

ブログ記事を書く際には、構成にも気を配ることが大切です。見出しや小見出しを使って、コンテンツをより小さく細かいセクションに分割することにより、読みやすくなるだけでなく検索エンジンが理解しやすくなります。

なぜなら、見出しや小見出しはそのセクションの内容を要約しているため、読者は簡単に記事の内容を理解することができるからです。また、検索エンジンもコンテンツの構成や関連性を理解することができるため、より正確な検索結果を提供することができます。

分かりやすく言えば旅行に関する記事を書く場合だと、見出しを「旅行先の選び方」として、小見出しを「予算に合わせた旅行先の探し方」、「交通手段の選び方」、「観光スポットの選び方」などに分けることができます。これにより、読者は必要な情報を簡単に見つけることができます。

ただし、注意点もあります。見出しや小見出しを無理に作りすぎると、逆に読みづらくなる恐れがあります。また、コンテンツと見出しや小見出しの関連性が希薄な場合、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があるため、注意が必要です。

このようにブログ記事の構成には気を配りましょう。関連性を意識しながら適切な見出しや小見出しを使って、読者に読みやすく検索エンジンにも理解しやすい記事を作ることが大切です。

文字数よりわかりやすさが大事!

ブログ記事の上位ランキングを狙うためには、「わかりやすさ」が最も重要です。読者が専門用語や技術用語に頭を悩ませなくても、スムーズに理解できるようにしましょう。

そのためには、シンプルな言葉を使い、必要以上に専門用語を使わないことが大切です。読者が複雑な内容を理解しやすいように、例や類語を使って説明することも有効です。

また、

  • 読者が「知りたいこと」や「知る必要があること」を説明しているか
  • 「自分が言いたいだけのこと」を書いていないか
  • 誤字脱字など文章の間違いはないか

などにも注意を払う必要があります。

そして、自分にとって当たり前の内容でも、読む側は疑問に思うことがあるかもしれないため注意が必要です。

そのような小さな疑問に対してもわかりやすく丁寧に説明することが、読みやすい記事を作成することやブログ記事のランキングアップにつながるので。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次