【2/28まで!最大55%OFF】ConoHA WINGでブログを始める

CreativeDrive(クリエイティブドライブ)の使い方とレビュー【SEO特化型ライティングAI】

AIを利用してブログ記事を書けるツールはいくつかありますが、今回はCreative Driveの使い方を解説します。

Creative Driveは、SEOに特化した記事を書いてくれるAIライティングツールです。 

この記事では、誰でも簡単にSEO対策された記事が書けるCreative Driveについて、実演を混ぜた使い方の解説と実際に使用した感想を書いていきます。

AIツールを選ぶ時の参考にしてください。

あわせて読みたい
ブログにおすすめなAIライティングツールをランキング形式で比較 最近はAIの発達が目覚ましく、AIが作った画像や動画などはニュースでもよく目にしますよね。 そんなAIは文章を作成するツールとしてブログ作成にも大いに活躍してくれま...
目次

【結論】Creative Driveは時間短縮にオススメ!

Creative Driveは、キーワードを設定して10分ほど待つだけで、5,000字~10,000字のSEO対策された記事を書いてくれます。

出てきた文章をそのまま使うことはできませんが、文章の修正や装飾を考慮しても1時間弱で記事を完成させられます。

僕が5,000字を自分でタイピングするとなれば、書くことがすべて決まっていても5~6時間はかかります。

実際はSEO用のタイトルや見出しも決めなければならないのでそれ以上ですね。

そう考えれば1記事を1時間で書けるツールがどれほど有用なのか理解できると思います。

なので、「記事の作成に時間がかかりすぎる」「SEO対策がわからない・難しい」と悩んでいる方に、Creative Driveは非常にオススメのツールです。

では具体的に、Creative Driveにはどのような機能があるのかを見ていきましょう。

Creative Driveの基本機能

Creative Driveは「株式会社chipper」が運営する、“誰でも”、”簡単に”1/10の時間で SEOライティングができるSEO特化型のAI自動記事生成ツールです。

ChatGPTとおなじ「GPT-4.0」を採用していて、キャッチコピーの通り、

  • 10時間かかる記事作成が1時間で済む
  • キーワードがあればワンクリックで記事が作成できる
  • 独自のカスタマイズを加えたSEO対策記事も書ける
  • 携帯からも手軽に利用可能

といった使い方ができるのが特徴です。

ユーザーの検索意図を意識したSEOライティング

Creative Drive

Creative Driveを使うと「ユーザーの検索意図を汲み取り、ユーザーを第一に考えた記事」、つまり、SEO対策された記事を作成できます。

SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」の略で、簡単に言えば検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことです。

Creative DriveではSEOの工程を以下の8つに分割して考えています。

  1. SEOキーワード選定:記事のメインキーワードの選定
  2. 上位コンテンツの調査:ユーザーの検索意図を理解
  3. 記事の概要/方向性設計:読者像と求める情報を想定
  4. コンテンツ設計:タイトルと見出しの作成
  5. 本文作成:SEOライティング
  6. ブラッシュアップ:網羅性や専門性などの確認
  7. エラーチェック:誤字脱字のチェック
  8. 画像/リンク配置:読者を引き付け収益につなげる

この8工程の内②~⑦が、Creative Driveにキーワードを入力してクリックするだけで完了します。

一番時間がかかる「SEO用の見出しと本文の作成」をAIに任せて、自分で行う作業は「SEOキーワード選定」と「画像、リンクの配置」だけでいいんです。

これにより従来の作業時間を圧倒的に短縮することができます。

「ワンクリック記事生成」と「カスタム記事生成

Creative Driveの機能は非常にシンプルで、「ワンクリック記事生成」か「カスタム記事生成」の2つだけです。

そのため、使い方がわからない、といった心配をする必要がありません。

ワンクリック記事生成

「ワンクリック記事生成」はその名の通り、自分が調査したキーワードを入力してワンクリックするだけで記事を作成できる機能です。

書きたい記事のキーワードを探すだけで良い上、複合キーワードによる記事作成にも対応しています。

カスタム記事生成

一方で「カスタム記事生成」は、タイトル・記事に含めたい要素・見出し・リード文などを自分で設定することができ、AIだけでは判断できない細かな検索意図にも対応することができます。

ワンクリック記事生成の記事を自分好みに修正できる機能ですね。

ワンクリック記事生成とカスタム記事生成はキーワードによって使い分けるのがいいと思います。

Creative Driveの料金プラン

Creative Drive

Creative Driveには4種類の料金プランがあります。

プランAIバージョン価格(年払い)価格(月払い)記事作成回数
FreeGPT-4 turbo¥0¥0初回登録限定
30クレジット(3記事)
StandardGPT-4 turbo¥7,500/月
(¥90,000/年)
¥10,000/月100クレジット(10記事/月)
ProfessionalGPT-4 turbo¥18,500/月
(¥225,000/年)
¥25,000/月300クレジット(30記事/月)
PremiumGPT-4 turbo¥37,500/月
(¥450,000/年)
¥50,000/月無制限

Freeプランは登録すればもらえる初回クレジットのことで、それ以降も利用するには有料プランに加入する必要があります。

有料プランは「Standard」「Professional」「Premium」の3種類で、すべてのプランでチャットサポートが受けられるのがいいですね。

この中からプランを選ぶなら、個人的にはStandardが良いと思います。

Standardを選ぶ理由

GPT-3.5とGPT-4の記事の質は比べものにならず、GPT-3.5だと平気で嘘情報を書いてくるので、GPT-4のプランから選びましょう。(GPT-3.5のプランは廃止になったので、全てのプランでGPT-4のAIを利用できます)

個人サイトで月25,000万は流石に高額なので、基本はStandardを使い、サイトに収益が出て余裕のある人がそれ以上のプランを利用するのがいいですね。

Standardだと10記事/月までしか作成できませんが、使えない期間は他の記事をリライトしたり、より安いAIツールを使って記事を書いたりする、といった使い方がオススメです。

それだとどうしても足りない、という場合にProfessional移行への乗り換えを検討しましょう。

Creative Driveの始め方

まずは公式ページに移動して無料会員登録を行いましょう。

無料登録・ログイン

STEP

公式ページに移動したら、「無料お試しはこちら!」のボタンをクリックします。
Creative Drive公式ページ

STEP

次に表示されたページで個人情報を入力し、登録をクリックします。

STEP

入力したメールアドレスに届いたメールに記載されたリンクをクリックします。

STEP

メールアドレスとパスワードを入力してログインをクリックすれば完了です。

初回ログイン時の30クレジットを受け取る

初回ログイン時は無料で記事作成3回分のクレジットがもらえるのでぜひ活用しましょう。

受け取り方はログインした後に、「初回クレジットを受け取る」をクリックするだけです。

クレジット残が30になっていればOKでそのまま使用することが出来ます。

無料クレジットを受け取ったら記事を作成してみましょう。

ワンクリック記事生成の使い方

まずはワンクリック記事生成から使い方を解説します。

消費クレジット10クレジット
使用AIGPT-4
使用キーワードブログ、アクセス数、収入
生成時間約10分
生成された文字数約7700文字

キーワードを入力して記事作成をクリック

初めに自分が調査したキーワードを入力します。

ワンクリック記事生成に使うキーワードは複合キーワード3つ~5つまでが基本です。
「〇〇な記事を書いて」といった入力や、多すぎるキーワードを入力すると正しく生成されないので注意しましょう。

次に記事を作成するをクリックします。

クリックしたら記事が出来るまで10分程度待ちましょう。

WordPressに貼り付ける

生成された記事をコピーしてWordpressに貼り付けます。

骨子にはタイトルと見出しが出力されているのでタイトルだけをコピーしましょう。

本文は一番下にある「コピーする」をクリックしてそのまま貼り付けることができます。

実際に出力された記事

タイトル:ブログアクセス数を増やし収入を未来へつなげる必見の秘策

h2:ブログ起業における収入の仕組み
インターネットの進化と共に「ブログを活用したビジネス」が注目を浴びるようになりました。アクセス数を集め、その流れを資金に変える仕組みは、時間と場所を問わずに収入を得る手段として有効です。しかし、どのようにして収益を得ているのでしょうか。今回は、特にブログにおける収入の仕組みについて詳しく見ていきます。

h3:ブログからの収入源とは
ブログから得られる収入のメインは「広告」を通じたものです。具体的には、ブログの中に表示される広告をクリックしたり、広告から提供サイトへと誘導し、その結果として商品やサービスが売れた際に最終的な収益が発生します。「広告収入」は、ブログ記事の内容と読者のニーズがマッチした際に効果が大きくなります。一方、「アフィリエイト広告」もブログの収入源の一つです。これは、自分のブログで特定の商品やサービスを紹介し、読者がその紹介元で商品を購入した際に報酬を得る制度のことを指します。よく整理された内容と魅力的な紹介が求められ、こちらも読者のニーズと記事の内容がマッチすると効果を発揮します。

h3:広告の単価と見込み収入
広告の種類やその単価によって、ブログからの収入は大きく変わります。一般的に広告の単価は、その広告がクリックされる頻度や、リンク先でのアクション(商品の購入など)によります。そのため、ブログの内容やアクセス数、広告の種類や配置方法などが広告収入を左右します。また、広告の単価は、その広告が出される地域や業界、広告主の予算などにも影響を受けるので、ブログ運営者としては広告の選択にも注意が必要です。予め広告の単価や見込み収入を知っておくことで、効率良く収益を上げることが可能となります。

h3:アフィリエイト広告との収益の違い
広告収入とアフィリエイト広告の収益は、いずれもクリックやアクションによって発生しますが、金額や発生の仕組みに大きな違いがあります。広告収入はページビューやクリックの数に応じた確定的な収入をもたらしますが、アフィリエイト広告は商品の購入や申し込みなど、読者の具体的な行動に結びつかなければ収益が発生しません。しかし、一度の成果で得られる収益は広告単価よりも高い場合が多く、ブログの内容や読者層がマッチした場合には大きな収益を得るチャンスになります。適切な選択と運用が求められます。

h2:ブログのアクセス数を増やすためのSEO対策

インターネット上でブログを運営していく上で、アクセス数の増加は重要な指標の一つです。内容の充実はもちろんですが、それを適切に伝達できなければ意味がありません。ここで役立つのがSEO対策です。この対策を行うことで上位表示を目指し、多くのユーザーに自分のブログへアクセスしてもらうことが可能になります。

h3:SEO対策の基本的な知識

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略称で、ウェブページが検索エンジンの検索結果で上位に表示されるようにするためのテクニックです。SEO対策を行うためには、”キーワード選定” “メタデータ設定” “内部リンク” “外部リンク”など様々な要素が考慮しなければなりません。これらのトピックは非常に広義で、それぞれを深く理解する必要があります。特に”キーワード選定”は記事の内容そのものに関わるため、その重要性は特筆すべきです。

h3:記事作成時のSEO対策チェックリスト

記事作成時にSEO対策を行う際は、一つ一つの要素に注意を払うことが必要です。「タイトルはキーワードを含むか」「本文中に適切なキーワードが配置されているか」「外部リンクは適切なサイトへ繋がっているか」など、詳細かつ具体的にチェックすることが大切です。また、独自の視点や情報を提供して、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することも忘れてはいけません。SEO対策は点数制、一つ一つの要素が集まって初めて結果が出ます。

h3:キーワード選定の重要性

最後に、キーワードの選定の重要性について解説します。キーワード選定は記事作成の最初の工程であり、これが適切でなければSEO対策は意味を成しません。人々が何を検索しているのか、自分の記事がどのようなキーワードで上位表示されるべきかを理解することが重要です。また、単に検索ボリュームが高いキーワードを選ぶだけではなく、目的とする読者層に合ったキーワードを選ぶことも重要なポイントです。これらのポイントを押さえたキーワード選定は、SEO対策の成功に大きく寄与するでしょう。

h2:読者が増えるブログ記事の作り方
規則的にブログを更新し続けることも大切ですが、それ以上に重要なのはいかに読者が増えるかという考え方でしょう。読者を増やすためには、記事のタイトル、構成、ライティングが重要になります。魅力的なタイトルを設定し、記事の流れを整え、かつ読みやすさを追求したライティングを心掛けることで、きっとあなたのブログは様々な読者に愛読されるものとなるでしょう。

h3:読者の興味を引くタイトルの付け方
記事のタイトルは、ブログを読むかどうかを決める最初のポイントです。タイトルが興味を引けなければ、記事への興閥自体が生まれません。ここでは、より効果的なタイトルの付け方を考えてみましょう。まず、自分が読者であった場合、何に興味をもつかを考察するところから始めるのが良いでしょう。その上で、自分が何を伝えたいのか、そのエッセンスをタイトルにすることをおすすめします。また、数字を使うと具体性が増し、具体的な事例を挙げると説得力が増すと言われています。これらを考慮しながら、最終的なタイトルを創出しましょう。

h3:記事の構成と各パートのポイント
ブログ記事の構成も重要な要素です。良い流れがあれば読者は深く記事に引き込まれ、気がついたら最後まで読んでしまっている、そんな経験もあるのではないでしょうか。記事のはじめには、何が話されるのかを端的に示すイントロダクションが必要です。次に、そのテーマについて具体的に解説し、最後にまとめと心の残る結論を書くと良いでしょう。その際、各パートにはタイトルや見出しをつけると、一目で内容がつかめ、さらに読み進めたくなるものです。

h3:読みやすさを追求したライティング
文章の内容だけでなく、読みやすさという視点も忘れてはなりません。一体どうしたら読みやすい文章が書けるのでしょうか。一つは、シンプルな言葉を使うこと。普段の会話で使われるような自然な言葉遣いを心掛けましょう。また、一つの文章は短く保つことも大切です。理論的な文章ばかり書かずに、エモーショナルな表現を交えると、読者の心に訴えることができます。そして、文章はあくまで「伝える」ためのツール。直感的に分かりやすい図やグラフを利用することも効果的です。以上を心掛け、読みやすさを追求したライティングを目指しましょう。このプロセスを重ねることで、あなたのブログは確実に素晴らしいものになるでしょう。

h2:効果的なSNS連携の手法
 SNSは現代社会において非常に優れたコミュニケーションの手段であり、企業やブロガーが自身のブランドやサービスを広めるための重要なプラットフォームとなっています。各種SNSに効果的に連携することで、自身の存在を広範囲に知らせることが可能になります。

h3:SNSからブログへのアクセス獲得法
 SNSからブログへのアクセスを増加させるには、まず直感的で魅力的なコンテンツを制作することが大切です。特に視覚を引きつけるビジュアルコンテンツは、SNSのフォロワーがクリックしてブログに訪れるきっかけを作り出します。次に、ソーシャルメディアでの投稿には、ブログ記事に直接リンクすることを忘れずに。フォロワーが関心を抱いた時にすぐに記事にアクセスできるようにすることが大切です。さらに、リーダーに役に立つ情報を提供すること。あなたのブログが信頼できる情報源であると認識されると、リーダーは自然とあなたの投稿を共有し、その結果ブログへのアクセスが増えます。

h3:各SNSの特性と活用法
 異なるSNSにはそれぞれ異なる特性があり、その特性を理解し活用することで効果的なSNS連携が可能となります。例えば、Twitterは情報をリアルタイムに発信することができるので、最新のニュースやブログの更新情報を共有するのに適しています。一方、Instagramは写真や動画を中心にコンテンツを展開するため、ビジュアルに強いメッセージを伝えたい場合には最適なSNSです。そして、Facebookは多様なコンテンツ形式をサポートしているため、記事の紹介から動画配信まで幅広く活用する事が可能です。

h3:フォロワーを増やすためのノウハウ
 フォロワーを増やすためには、まず、自身のコンテンツが魅力的であり続けることが不可欠です。次に、関連性のあるハッシュタグを活用して、興味深いトピックを共有します。これにより、そのトピックに関心があるユーザーからフォローを獲得する可能性が増えます。また、活動時間を最適化することも重要です。ユーザーが最もアクティブな時間帯にコンテンツを投稿することで、可能な限り多くのユーザーに自分の投稿を見てもらい、それによりフォロワーを増やすことができるのです。

h2:ブログ収益化へのステップアップ
実力を活かし、適切な戦略を用いることでブログから収益を得ることが可能です。ブログの収益化は、一夜にして成功するものではありません。一貫性が求められ、細かな試行錯誤が必要となります。それぞれのブログの状況に応じて最適な手法を選び、効率的にインパクトを出すことが重要となります。以下に具体的なステップアップへとつながる3つの戦略をご紹介します。

h3:アクセス数が多い状態でのアフィリエイト
アクセス数が多い状態になったブログで効果を発揮する手法としてアフィリエイトがあります。これはあらかじめ指定された商品やサービスをブログ上で紹介し、その経由で購入があった場合に手数料を得るシステムです。そのため、既に一定数の読者がいるブログにとっては大いに利益を生む手段となります。アフィリエイト広告を選ぶ際には、自身のブログの内容にマッチした商品やサービスを選ぶことが重要であり、これにより広告の信頼性を保つことができます。その上で、広告の位置や配置も考慮し、読者に自然に見てもらえる工夫をすることが効果的です。

h3:広告主との直接取引について
一定のアクセス数と信頼性を得たブログでは、広告主との直接取引の選択肢が増えます。この手法では、広告主と直接交渉し、ブログ内に広告を掲載します。これにより手数料を減らすとともに、自分のブログに適した広告を掲載することができます。なお、直接交渉といっても、大手企業との交渉が難しい場合は、広告代理店を通じて零細な広告を取り扱うことも可能です。直接取引の成功のためには、自身のブログの価値をよく理解し、それがどのように広告主に利益をもたらすのかを説明できることが重要です。

h3:自己案内広告の活用方法
自己案内広告とは、ブロガー自身の商品やサービスを紹介するための広告です。これは、自らの製品やサービスをブログ読者に対して売り込む際に高い効果を発揮します。ただし、自己案内広告の成功には、読者との信頼関係が非常に重要であり、読者のニーズを理解し、それに適した商品やサービスを提示する必要があります。また、自己案内広告を有効に活用するためには、見出しの工夫や、画像の使用、豊かな説明文の作成など、読者の心を引きつける工夫が必要です。

h2:Googleアナリティクスを利用したデータ分析

Googleアナリティクスは企業や個人がウェブサイトのパフォーマンスを測定するための強力なツールです。特に、データ分析に関しては、ユーザーの行動や傾向を理解し、その結果をウェブサイトの改善に活かすことが可能です。このツールの活用方法としては、ウェブサイトのアクセス履歴や流入源、ページ滞在時間など、様々なデータの観察・分析が挙げられます。今回は、具体的な活用例を紹介します。

h3:データ分析によるブログの改善点

Googleアナリティクスを使ったデータ分析により、ブログの改善点を見つけることができます。その一つが「ページビュー数」です。これは、ユーザーがブログのどの記事をどれだけ閲覧したかを示す指標です。もし特定の記事の閲覧数が低ければ、その記事の内容や見出し、SEO対策を見直す必要があるでしょう。また、「流入元」も重要なデータとなります。SNSや検索エンジンからの訪問者数を見ることで、どのチャネルの集客力が高いか、あるいは低いかを確認できます。これらのデータを基に、ブログの改善策を立てることが可能になるのです。

h3:各データの見方と活用法

次に、各データの見方と活用法について説明します。「ユーザー数」はある期間にウェブサイトを訪れたユーザーの数を示し、集客力を評価するのに役立ちます。一方、「新規ユーザー数」はその期間に初めて訪れたユーザーの数で、新たな顧客を獲得できているかを判断するための指標となります。「平均セッション時間」や「直帰率」は、ウェブサイトのエンゲージメントを表し、コンテンツのクオリティを評価できます。これらのデータを適切に読み解き用いることで、ウェブサイトの運営や改善がより容易になります。

h3:アクセス履歴から学ぶSEO対策

Googleアナリティクスでは、アクセス履歴を見ることができます。これを利用することで、SEO対策の手がかりを得ることが可能です。例えば、特定のキーワードで検索されて訪れたユーザー数を見ることで、どのキーワードが優秀な成果を出しているか、あるいはSEO対策が必要なキーワードは何かを知ることができます。また、特定のページから他のページへと移動したユーザーの行動を追いかけることで、ウェブサイト内のユーザーの動きを理解し、最適なページ配置やリンクの設定を考えることができます。このように、アクセス履歴はSEO対策の有力なヒントを提供してくれます。

h2:ブログ経済の未来予測
近年、一部の有名ブロガーが大きな収益を上げていることがメディアを通じて知られるようになりました。それと同時に、ブログ経済という新たな形のビジネスが生まれました。しかし、現在のブログ経済のあり方と未来は、一体どのようなものあるのでしょう。本稿では、ブログ経済の現状と未来を予測するため、ブログの収益化が進む背景や将来のブログ市場の展望、そしてこれから必要となる視点について考察します。

h3:ブログの収益化が進む背景
長い間、ブログは個人の趣味や日常を記録するツールとして使われてきましたが、最近では収益化が進み、ビジネスとしての側面も持つようになってきました。その背景には、インターネットの普及とともに情報のダイレクトな発信・共有が可能になったこと、そしてそれに対する需要が増大したことが挙げられます。特定のテーマに特化したブログは、そのテーマに対する情報価値が認められるとともに、関連商品などのマーケティングの場としても活用されるようになりました。また、ブロガーと読者との密接な関係性は、広告効果を高める要素として評価されています。

h3:将来のブログ市場と収益化の展望
さて、こうしたブログ市場が今後どのように発展していくのか予測をしてみましょう。一つは、ますます個々のブログが特化していく方向でしょう。人々の情報ニーズは多様化し、そのニーズにマッチしたブログが評価され、収益化の道も広がっていくと考えられます。その一方で、ブログ運営の専門化も進むでしょう。SEO対策やSNS連携、マーケティング手法等の学習が必要となり、そのノウハウを持つ人物や企業がよりブログ市場で重要になる可能性もあります。異なるテーマやジャンルのブログがクロスオーバーして新たなビジネスチャンスを生み出す可能性も考えられます。

h3:これからのブログ運営に必要な視点
ブログ経済の未来を見据えると、すでに述べたような専門化・マーケティング化が進む中で、ブログ運営に必要とされる視点が増えてくると予想されます。具体的には、ブロガー自身が専門的な知識を持つことはもちろんですが、同時にSEO対策やSNS活用、マーケティングについての深い理解が求められるでしょう。また、読者のニーズを的確に捉え、適切な情報を提供し続けることで、膨大な数のブログの中から選ばれ続けるための戦略も重要になります。そして何より、誠実さと持続性が評価されるでしょう。ブログ運営は長期戦であり、一日で結果が出るものでないのです。ですから、ブログに情熱を注ぎ、一貫性を持ってコミットしていくことが求められます。

h2:成功ブロガーのインタビュー
成功に至ったブロガーたちはどのように人気のフィールドに足を踏み入れ、そのトップに立つことができたのか。そして彼らの活動や収益化の秘策は何なのか。これらについて探るために、私たちはあらゆる分野の成功ブロガーへのインタビューを実施しました。この記事では、それぞれのブロガーが持つ特性と成功体験、ブログ運営のスタイル、そして収益化の秘訣を紹介します。

h3:彼らが成功した理由とは
成功ブロガーたちの生き方やスタイルは千差万別です。しかしその中に共通して見られたのが、ターゲットユーザーに対する深い理解と共感、そして自分自身の知識を惜しげもなく分け与える情熱です。彼らはこれらを武器にして、独自の価値をブログによって発信していきました。具体的には、時流に乗り旬なテーマを追うこと、ユーザーの問題解決となるような記事を書く、自身の興奮や疑問を読者と共有するなどです。その全てが真剣な思いと興味から生まれており、馴れ合いや浅はかな商機を求めるものでは決してありません。

h3:彼らが行っていたブログ運営
成功ブロガーたちの一日は時間管理や綿密な計画作り、そして並々ならぬ努力によって支えられています。記事投稿の頻度や、SNSでの発信頻度、コメントやメールへのレスポンス時間など、それぞれのブロガーが自らに合った最適な運営方法を模索し、それを効率化しています。「規則正しさ」や「一貫性」にこだわって、読者の期待を裏切らないことを心がけています。ブログ運営の日々は簡単なものではありませんが、継続々々なる努力が実を結ぶことを彼らは教えてくれます。

h3:収益化の秘訣とアドバイス
収益化について彼らが繰り返して語ってくれたのは、「自分自身を信じ、読者を信じて、価値ある情報を提供し続けること」です。そしてその価値に見合った適正な価格を設定すること、数ありきのマネタイズではなく、広範囲な情報提供による信頼度が上がりアクセス数が増えることでの収益化が効果的だと語っています。彼らの成功した収益化への道のりは、一夜にして達成されたものではありません。しかし、質や情熱を追い求めることがブログが持続的に成長する基盤となり、収益化へとつながります。「自分がしたいことをいつまで続けられるのか」という考え方が、一番の収益化への秘訣である、と彼らは語っています。

記事を校正して投稿する

タイトルと本文をコピペしたらWordPress上で校正しましょう。

AIで作成された文章は当り障りのない文章になっているので、以下の内容で手を加えていきます。

最低限やらなければいけないこと
  • タイトルと見出しをH1、H2、H3タグに修正する(重要)
  • 嘘が書いていないか確認する(重要)
  • 日本語としておかしい部分がないか確認する
できればやった方がいいこと
  • 検索意図に対して無駄な見出しがないか確認
  • アイキャッチや記事内に画像を挿入する
  • 一次体験や自分の考えを加筆する
  • リード文、まとめを加筆する

(重要)がある部分は特にSEOに影響する部分です。

タイトルタグが正しく使われていないサイトは適切に評価されませんし、嘘が書いているサイトはペナルティを受ける可能性があるので注意しましょう。

見出しタグの使い方やリード文などの書き方はAIを使う上でも覚える必要があるので、この機に学んでおきましょう。

・タイトル・見出しタグの使い方
・リード文の書き方

ワンクリック記事生成のメリット・デメリット

ワンクリック記事生成のメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット

ワンクリック記事生成のメリット
  • SEOに特化したタイトルと見出しを自動生成してくれる
  • キーワードだけあれば記事を作成できるので大きな時間短縮になる
  • コピペ判定にも引っかからない

実演したように、ワンクリック記事生成は短時間で記事を投稿できるのが大きなメリットです。

タイピングが早めの人でも10分間に1000文字程度と言えば、10分で7,700文字がどれほど時間短縮になるかわかると思います。

また、独自性のある文章を作成してくれるため、コピペによるペナルティを受ける心配もありません。

デメリット

カスタム記事生成のデメリット
  • 自分が書いてほしい内容を書いてくれるとは限らない
  • リード文やまとめは上手く生成されない
  • Markdown形式で出力されないので、タイトルや見出しは自分で編集する必要がある
  • 主観や一次体験が少ないのでE-E-A-Tが不足しがち

一番気になるデメリットは、自分が想定したキーワードの検索意図とAIが想定した検索意図がずれることです。

今回の例で、僕はキーワードの意図を「ブログのアクセス数に対する収入はどれくらいか」と考えていましたが、AIが出力したのは「ブログのアクセス数と収入を増やす方法」でした。

「全体の記事構成はこんな感じで…」と考えながらキーワードを選んだ場合は、思わぬ手間を食う羽目になります。

他にもリード文を書かなければいけないことや見出し修正の手間が気になりました。

ただ、このようなデメリットがあるとしても時間短縮のメリットの方が圧倒的に大きいです。

ワンクリック記事生成は、記事作成をAIに任せて自分は記事の校正だけする、といった使い方に向いていると言えますね。

カスタム記事生成の使い方

続いてカスタム記事生成の使い方です。少し手順が増えるので1つずつ解説します。

カスタム記事生成は手順通りに使用すれば10クレジットで、気に入らないときに再生成するたびに追加クレジットが必要となります。

今回の実演では10クレジットを使用するようにしました。

消費クレジット10クレジット~
使用AIGPT-4
使用キーワードブログ、集客、おすすめ
所要時間約25分
生成された文字数約8100文字

①キーワード入力

初めに自分が選定したキーワードを記入します。

デフォルトの空欄は2つなので、3語以上入力したいときは「+ 追加する」をクリックすれば空欄が出てきます。(最大5単語)

キーワードを入力後、「次のステップへ」をクリックすればタイトルを作成してくれます。

②タイトル生成(1クレジット)

先程のキーワードから10個のタイトルが作成されます。

そのまま使用してもいいですし、自分で書き換えることもできます。

書き換えるのは無料ですが、再度作り直すためには1クレジット必要なので注意してください。

今回は9個目を編集して、「ブログ集客におすすめのツール選び方!集客を成功させるコツ」というタイトルにします。

タイトルを決めたら次のステップへ。

③要素生成(1クレジット)

この段階では、AIがタイトルから想定した要素の内、自分が記事の見出しに入れたい要素を選択します。

今回はこんな感じにしてみました。盛り込みすぎかもしれません。

要素を選んで次のステップへをクリックすれば見出しを作成してくれます。

④見出し生成(2クレジット)

ここでは自分の好きなように見出しを変更できます。

今回の要素からは8個の<H2>見出しを作成してくれました。各<H2>にはそれぞれ3個の<H3>が作られています。

ここで見出しを変更することで、より自分の想定した意図の記事に近づけることができます。

自分好みに手を加えて見出しを決めたら、次はリード文を作成します。

⑤リード文生成(1クレジット)

見出しから次に進むとリード文を書いてくれますが、ここで作られたリード文をそのまま使うのはオススメしません。

なぜならここで作られるリード文は見出しをそのまま文章にした様な内容だからです。

「あなたのブログは次のステージへと進みます」というのも、AIを使ったのが丸わかりですね。

この時点で直しても投稿するときに直してもいいので、必ず自分で修正するようにしましょう。

リード文を確認したら次に進むと本文が作成されます。

⑥本文生成(5クレジット)

これまで用意した「タイトル」、「見出し」、「リード文」から本文が作成されます。

本文にかかる時間はワンクリック記事生成と同じで10分程度で、ここまで無駄なく進めれば10クレジットが消費されているはずです。

以降はワンクリック記事生成の時と同じく以下の流れで本文を校正しましょう。

カスタム記事生成の場合は見出し込みで作成してくれるので、見出しタグの修正は必要ありません。

最低限やらなければいけないこと
  • 嘘が書いていないか確認する(重要)
  • 日本語としておかしい部分がないか確認する
  • リード文を加筆する
できればやった方がいいこと
  • 検索意図に対して無駄な見出しがないか確認
  • アイキャッチや記事内に画像を挿入する
  • 一次体験や自分の考えを加筆する
  • まとめを加筆する
実際に生成された記事

※目次の表示がおかしくなるため、見出しは(h1)の様に変更しています。

(h1)ブログ集客におすすめのツール選び方!集客を成功させるコツ

あなたのブログ集客がうまくいっていますか?集客に苦戦しているなら、手間をかけずに効率的にアクセス数を増やすツールが必要です。私たちが推奨するツール選びのパートナーとして、SEO対策やSNS、Web広告を活用しながら集客成功への道を歩むためのポイントを解説します。効果的な記事作成方法からアフィリエイトの活用、さらにはクリック数とページビューを重視した集客戦略まで、ブログ集客におすすめのツールとその使い方を学ぶことで、あなたのブログは新たなステージへと進みます。

(h2)1. ブログ集客とは

ブログ集客とは、自社のブログを通じて新規顧客を獲得するプロセスのことを指します。従来の広告やPRよりもダイレクトにターゲットたるユーザーに情報を伝えるメリットがあります。これは、自社のサービス・製品の魅力や、それが解決できる課題、ユーザーの抱える問題や課題の解決方法などをブログ記事で伝えることで、自然とユーザーに情報を提供し、自社のファン、顧客になってもらう方法です。

(h3)1.1. 集客を成功するためのマーケティング

集客を成功させるためのマーケティングには様々な要素があります。まず一つ目は、顧客が抱える問題点や課題を明らかにし、それを解決するためのサービスや商品を提供することです。二つ目は、自社の製品やサービスの魅力を的確に伝え、顧客に理解してもらうことです。INFO:それには、ブログ記事を通じて価値を伝えることが重要になります。そして三つ目は、ブログのクオリティ向上です。ブログの文章は、SEO対策にもなりますが、それ以上に読者にとって価値のある内容である必要があります。品質の高い記事を定期的に配信することで、ユーザーからの信頼獲得につながります。

(h3)1.2. ブログの役割

ブログの役割とは、製品やサービスを深堀りした情報をユーザーに提供し、顧客とのコミュニケーションを促進するところにあります。自社の製品やサービスについて詳しく解説したり、ユーザーが抱える問題を解決する有益な情報を提供することで、信頼関係を築いていきます。また、ブログはSEO対策にも有効です。定期的に更新することで、検索エンジンからの評価が上がり、結果的に集客力を高めることができます。

(h3)1.3. 集客するメリット

ブログを通じて集客するメリットは、お客さんとの深い関係性を築くことができる点です。一方的な情報発信ではなく、具体的な情報を提供し、ユーザーと対話することで、ブランドへの信頼と親近感を深めます。また、SEO対策をしっかりと行うことで、検索エンジンからの集客も可能になります。このように、ブログを活用することで、様々な角度から集客を進めることができるのです。

(h2)2. ブログ集客に必要な方法

現代のビジネスで重要な役割を果たしているのが、ブログによる集客です。そのなかでも特に重要なのが、SEO対策、SNSの活用、そしてWeb広告の選択です。各々の役割や具体的な利用法をしっかりと理解し、それらを効果的に組み合わせて使うことで、ブログからの集客効果を高めることができるのです。

(h3)2.1. SEOの役割

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことで、自社のブログを上位検索結果に表示させるための対策のことを言います。キーワード選定、内部リンク設定、メタデータの最適化等、多岐に渡るテクニックが求められます。また、定期的なブログ更新や回遊性の強化なども重要な役割を果たします。SEO対策をネガレクトしてしまうと、たとえ素晴らしいコンテンツを作成しても検索エンジンに認識されず、その存在が露呈しない可能性があるのです。

(h3)2.2. SNSの活用

SNSは、ユーザーの多さと高いエンゲージメントからビジネス活用の場を拡大しています。特に、InstagramやTwitter、Facebook、LinkedInなどは、ブログの情報を拡散し新たな訪問者を獲得する有力なツールとなります。自社のブランドやサービスをアピールし、ユーザーとコミュニケーションを取ることでリピート率の向上や口コミの拡大にも繋がります。効果的なSNS活用には、日々の投稿だけでなく、適切なハッシュタグの選定、フォロワーとのコミュニケーション、他のユーザーとの協力などが重要です。

(h3)2.3. Web広告を活用

Web広告とは、インターネット上での広告を指し、Google AdWordsやFacebook広告などがあります。これらは、ターゲットとするユーザーが頻繁に利用しているWebサイト上に広告を表示することで、自社のブログや商品、サービスへと誘導します。効果的なWeb広告運用には、広告のターゲティング設定、広告の作成、適切な予算設定などが求められます。また、広告運用後のデータ分析により広告手法の見直しや調整を行うことも重要なポイントでしょう。最終的には、これらの活用法を組み合わせることでブログ集客を最大限に引き上げることが目指すべき結果でしょう。

(h2)3. おすすめのSEO対策ツール

ブログ集客を成功させるためにはSEO対策は欠かせない戦術となります。SEOとはSearch Engine Optimizationの略であり、検索エンジンの結果ページで上位表示されることを目指す技術のことです。しかし、このSEO対策は一朝一夕で結果が出るものではなく、コンテンツの質や更新頻度、そして同じようなキーワードを持つ他のウェブサイトとの競争など影響する要素が非常に多いため、SEO対策を効率的に行うためのツールが必要となります。本記事ではそのようなSEO対策ツールの中から、特におすすめのものをご紹介したいと思います。

(h3)3.1. 検索エンジン最適化の基礎知識

SEO対策は検索エンジンがウェブサイトやページを評価するためのさまざまな要素を理解し、それらを最適化することで行われます。大まかには、「オンページSEO」と「オフページSEO」の2つの観点から行うと言われています。前者はウェブサイト自体の内容を最適化し、後者は他のウェブサイトからのリンクや評判などを含むウェブサイト外部の要素を最適化します。重要なのはSEO対策ツールをただ適用するだけではなく、自分のブログがどのような要素で評価されているのか理解し、それに基づいて適切な対策を行うことでしょう。

(h3)3.2. SEO対策ツールの活用法

SEO対策ツールはその名の通り、検索エンジン最適化を実現するためのツールで、様々な種類が存在しています。例えば、キーワードリサーチツールは、適切なキーワードを見つけてコンテンツを作成するのに役立ちます。これにより、ユーザーがどのようなワードで検索しているか、競合他社はどのようなワードを使用しているかを把握し、自身のコンテンツ作りに活かすことができます。また、SEO分析ツールは、既存のページのSEO状況を分析し、改善点を指摘してくれます。これらのツールを上手に活用すれば、SEO対策はより効果的に進行させることができます。

(h3)3.3. 無料のSEO対策ツールと有料のSEO対策ツールの違い

SEO対策ツールには無料のものと有料のものがあり、どちらを使うべきかは自身のニーズや予算に応じて決めるべきです。無料のツールは初心者でも扱いやすく、基本的な機能を備えています。しかし、分析の幅や深さ、カスタマイズの自由度などに制限があることが多いです。それに対して、有料のツールは高度な分析機能や多機能性、専門的なサポート等を提供しており、プロフェッショナルな対策が可能です。ただし、その分コストが掛かるため、自分のニーズに応じて最適なツールを選ぶことが大切です。

(h2)4. ブログ記事の作り方とおすすめのツール

ブログ記事は集客を成功させるために不可欠な要素です。その作り方一つによって、集客数は大きく変わるでしょう。まずは、ブログ記事を作り上げる前に、目的やテーマを明確にしましょう。ターゲットとなるユーザーが、その記事を読んで何を得るべきか、また、読者に何を伝えたいのかを明確にします。その上で、記事作成に着手することでより効果的な記事になります。そして、記事のゴール設定も重要です。具体的には、商品の購入、問い合わせ、サイトへの登録など、ユーザーに何をしてもらいたいのかを設定しましょう。そして、記事を作成する際のツールも大切です。ツール選びに慎重になることで、より良い記事を作成する助けになります。

(h3)4.1. 記事作成のポイント

記事作成において最も大切なのは、ユーザーの求める情報を的確に伝えることです。一般的には、具体的な情報や具体的な方法、またはユーザーの悩みを解決するための内容が求められます。そしてそれを吸引力ある見出しで伝えること、見出しと本文の一貫性を維持することも重要です。また、読みやすさも重要なポイントの一つです。長すぎる文章は読む労力が増えてしまい、逆効果になることもあります。そのため、適度な長さと区切りを設けると良いでしょう。最後に、記事の最後には次にユーザーにしてもらいたいアクションを明示することも忘れずに。

(h3)4.2. 記事作成ツールの紹介

記事を作成する際に役立つツールも多くあります。例えば、文章のチェックツールである「Grammarly」や「TextRanch」などは、文法やスペル、表現の確認を手助けしてくれます。また、文体をチェックする「Hemingway Editor」といったツールも便利です。また、「Evernote」や「Google Keep」などのメモアプリも文章を書く際の優れたツールです。思いついたアイデアや下書きを保存しておくことが可能です。さらに、文章を効率良く作成できる「Scrivener」のようなライティングツールもあるのです。文章を整理し、見やすく作るための機能が豊富に備わっています。

(h3)4.3. ユーザーが求める記事の中身とは

ユーザーが求める記事の中身とは何でしょうか。それは「有益な情報」でしょう。ユーザーは、自分の問題を解決するための情報、新たな知識を得るための情報、自分自身の成長を助ける情報などに興味があります。そして、それらの情報は具体的かつ具体化されている必要があります。あいまいな表現はユーザーの関心を引きません。また、情報は信頼性が必要です。信頼性のある情報源を示し、正確な情報を提供することで、ユーザーは記事に信頼を置き、行動を起こすきっかけを作ることができます。

(h2)5. アフィリエイトを活用した集客戦略

アフィリエイトとは、自身のブログやサイトに設置した広告を通じて、商品やサービスの紹介を行い、そこからの成果(商品の購入や会員登録等)に応じて報酬を得るビジネスモデルです。ブログ運営による集客戦略の中でも、特にアフィリエイトは効率的な効果が期待できます。成功させるためには、適切な広告の選定とそれを閲覧するユーザーのニーズ理解が重要となります。これらを踏まえて、集客効果を最大化するための具体的なアフィリエイトの活用方法について紹介してまいります。

(h3)5.1. アフィリエイト広告の活用方法

アフィリエイト広告を活用する方法としては、自分の読者が求めている情報や商品に直結した広告を配置することが最も重要です。広告選定の際には広告内容が自身のブログテーマと親和性を持つものを選び、適切な広告文章を作成します。広告文はユーザーの興味を引き、関心をもたせるためのものなので、魅力的な内容を意識して作成することが重要となります。また、アフィリエイト広告の設置場所も重要です。特に、記事の冒頭部分や目につきやすい位置に配置することでクリック数を増やすことが期待できます。

(h3)5.2. トラフィックの流れを理解する

また、アフィリエイトを活用した集客戦略を実行するにあたり、トラフィックの流れを理解することが重要です。具体的には、どのようなユーザーが訪れ、どの広告にクリックし、成果につながっているのかという流れを把握し、その上で最適化を図る必要があります。これにより、無駄な広告投資をしないだけでなく、より多くのユーザーを自身のブログに引きつけ、成果へと繋げることができるでしょう。この過程では、訪問者の属性や興味・関心、行動を分析するツールを活用すると、より具体的な戦略作りに役立ちます。

(h3)5.3. ターゲットとなるユーザーの見つけ方

最後に、アフィリエイトの成功にはターゲットとなるユーザーの明確な理解が不可欠です。ブログのテーマに基づいて一貫した広告を掲出し、適切なユーザーにアプローチすることで集客効果は格段に上がります。具体的な見つけ方は、自身のブログのテーマやこれまでの読者の反応、アクセス解析ツール等を元に分析することで、求めている情報や発信したい情報が一致するターゲットユーザーを見つけることが可能です。ターゲットユーザーの趣味や興味、年齢層、性別等を理解することでより高い成果を期待できます。

(h2)6. クリック数とページビューの重要性

ブログやウェブサイトの運営の成果を見るのに、クリック数とページビュー数は非常に重要な指標となります。これらの数値が増えることは、Web集客がスムーズに進んでいる証拠であり、広告効果や商品の売れ行き、そして最終的には収益に直結します。しかし、単にこれらの数値が増えるだけでは十分でなく、どのように増やすのか、どの部分を重視するのかが問われるのです。

(h3)6.1. なぜクリック数が重要か

クリック数が重要とされる理由は、それがユーザーの興味や関心を反映するからです。特定の記事、広告、リンクなどに対してユーザーがクリックを行ったということは、その内容に多かれ少なかれ関心があったと解釈されます。そして、そのクリックが商品ページなど売上に直結するページならば、クリック数はそのまま売上への影響力を持つことになります。そのため、クリック数を増やすことは非常に重要な課題となっています。

(h3)6.2. ページビューを増やす方法

ページビュー数は、ウェブサイトがどれだけ訪れられ、またどれだけ閲覧されているかを示す指標です。これを増やすためには、一つはSEO対策が必要です。記事のタイトルやメタデータを適切に設定し、検索結果に上位表示されるようにすることが求められます。また、SNSなどでの情報発信や広告展開も効果的です。さらに、既存のユーザーに対しては、メールニュースレターなどを活用し、定期的にウェブサイトへの訪問を促すことも重要です。

(h3)6.3. アクセス解析ツールの活用法

アクセス解析ツールを活用することで、個々のページや記事がどれほどのアクセス数やクリック数を記録しているのか、訪問者の滞在時間や離脱率はどのようになっているのか、といった詳細な情報を把握することができます。これらの情報は、ウェブサイト運営の改善点や見直し点を見つける有効な手がかりとなります。また、どのようなキーワードでアクセスが集まっているか、どのようなユーザーがアクセスを繰り返しているかなど、さまざまな角度から分析することが可能となります。

(h2)7. コンバージョン率向上のためのツール選び

昨今、ブログやウェブサイトの運営は、単に情報発信するだけではなく、訪問者を顧客へと変換(コンバージョン)させる手法が重視されています。そのためには、適切なツールの選択が重要となります。しかし、どのツールを選ぶべきなのか、どのように活用すれば良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。この章では、そのような方々の役に立つ情報をお届けします。コンバージョン率向上のためのツール選びについて詳しく見ていきましょう。

(h3)7.1. コンバージョン率とは何か

まず、コンバージョン率とは何かについて説明します。コンバージョン率とは、訪問者がウェブサイトやブログに訪れてから、何らかの目的(商品の購入、資料のダウンロード、お問い合わせ等)を達成するまでの割合のことを指します。この数値が高いということは、訪問者の多くが目的を果たしているということで、ウェブサイトのパフォーマンスが良好であると評価されます。逆に、コンバージョン率が低いと、訪問者が目的を達成できていない可能性があります。

(h3)7.2. コンバージョン率を向上させるための戦略

コンバージョン率を向上させるためには、いくつかの戦略があります。まず、ウェブサイトやブログのデザインや構成にこだわることです。使いやすい操作性、見やすいデザイン、理解しやすい情報構成などは、訪問者が目的を達成しやすくします。また、訪問者の興味・関心を引くコンテンツを提供することも重要です。そのためには、ユーザーのニーズを理解し、それに対応したコンテンツを提供することが求められます。さらに、最適なタイミングで適切な行動を促すCTA(コール・トゥ・アクション)を設定することでも、コンバージョン率の向上が期待できます。

(h3)7.3. 成果を上げるためのツールの選び方

多数存在するツールの中から、自分の目的に合ったツールを選ぶことが必要です。それにはまず、自分のウェブサイトやブログの課題や目標を明確に定義することが重要です。次に、それぞれのツールがどのような機能を持つのか、どのように活用できるのかを理解しましょう。また、どれだけの予算を投じることができるのか、自分自身でツールを操作・分析するスキルがあるのか、といったリソースも考慮して決定することが大切です。一度に多数のツールを導入すると、操作に迷って結果が出にくくなることもあるので注意しましょう。

(h2)8. 最後に

ブログ集客における最後のステップは何と言っても振り返りです。活動を終えた時は、成果を持って策略を評価し、次につながる学びを得る事が重要です。特に、集客がうまくいかなかった場合、原因を探るためにも、自身の行動や選択を再評価することは大切な成長の機会になります。また、成功した場合も、その原因を分析し、再現性を確かめるためにも振り返りは欠かせません。

(h3)8.1. ブログ集客の重要性について再度触れる

ブログ集客の重要性については、この記事の出だしでも触れましたが、改めて再度触れておきましょう。ブログ集客は、特定の商品やサービスを売り込むための間接的な広告方法の一つです。自身の考えや価値観を表現しながら、その価値観と連携した商品やサービスを自然な形で紹介することで、自然体の販促が可能となるのです。さらに、継続的なブログの更新は、自社の魅力を地道に伝え、フォロワーの信頼を得るための強力なツールとなります。

(h3)8.2. 具体的な実践方法とポイント

ブログ集客の具体的な実践方法は数多く存在します。その一つが、SEO対策です。SEO対策を行うことで、検索エンジンからの自然な訪問者を増やすことができます。また、SNSを活用することも重要です。SNSを使えば、短時間でユーザーと意見交換ができ、新たなフォロワーの獲得や、既存のフォロワーへの価値提供が可能になります。しかし、ここで大切な点は、単にブログを作成し、SEO対策を行い、SNSに投稿するだけでなく、読者の反応を見てフィードバックを行うことです。

(h3)8.3. 成果が出るまでの期間と注意点

ブログ集客の成果が出るまでの期間や注意点について説明します。ブログ集客は一夜にして成果が出るものではありません。地道な作業の積み重ねが、じわじわと成果を生むものなのです。そのため、「何ヶ月で何人の読者を獲得する」というような具体的な目標を設定し、それを達成するための行動計画を立てることが重要です。また、記事の質を保つことも大切で、間違った情報を提供すると信頼を失い、逆効果になります。よって、信頼性のある情報を提供しつつ、自分らしさを出し続けることがブログ集客における最も重要な成功へのキーです。

カスタム記事生成のメリット・デメリット

カスタム記事生成には以下の様なメリットとデメリットがあります。

メリット

カスタム記事生成のメリット
  • 要素の選択により検索意図を満たしやすい
  • タイトルや見出しを自分で決められるので更に検索意図を満たすことができる
  • ワンクリック記事生成で必要だった見出しの修正が不要

なんといっても検索意図にあったSEOに有利な記事がほんの少し手を加えるだけで書ける、というのが最大のメリットです。

また、見出しもMarkdown形式で出力されるので、コピペ時の手間を省略することもできます。

デメリット

一方でこのようなデメリットが目立ちます。

カスタム記事生成のデメリット
  • 見出しの書き方を知らないとワンクリック記事生成とあまり変わらない
  • 必ず3つの(h3)見出しが作成されるので、それ以外に対応できない
  • 記入が必要な分時間がかかるので、手軽さを感じられないかもしれない

見出しや要素を自分で設定できるのがカスタム記事生成のメリットなので、見出しの作り方に詳しくない場合はワンクリック記事生成を使うのとほとんど変わりません。

また、「(H2)見出しに(h3)を4つ以上用意したい」、「(H2)見出しに(H3)見出しは不要」といった状況に対応するのが難しいです。

せっかく自分で見出しを考えられるのに必ず同じ構成になるのはマイナスですね。

まとめるとカスタム記事生成は、多少SEOについての知識がある人が「ワンクリック記事生成よりもSEO対策が充実した記事を書きたい」ときに使うのがオススメです。

Creative Driveを実際に使用した感想

僕がCreative Driveを実際に使ってみて、SEO対策がほぼ不要なのに10分程度で8,000字の記事を書けるのは非常に楽です。

2つの生成機能を使い分けることで、SEO対策をさらに充実させることもできます。

そのため、Creative Driveは以下のような方にオススメです。

Creative Driveがオススメな人
  • SEOに詳しくない人
  • 多少SEO知識を持っていて記事作成の時間を短縮したい人
  • 短時間で記事を量産したい人
  • ブログ記事作成をAIに任せてもいい人

しかし、記事の読みやすさを重視する人やレビュー系の記事を書く場合にはあまり向いていないかと思います。

作成した記事が事実かどうか確認したり体験談を記載する、読みやすく修正するといった手間を考えると、Creative Driveの生成内容ではあまり時間短縮にならないからです。

他にも複数の理由から、以下のような人には向いていないと思います。

Creative Driveが向いていない人
  • 事実確認や体験談が重要な記事をよく書く人
  • 記事の読みやすさや見た目にこだわる人
  • サイトのジャンルについて、AIよりも自分の方が詳しい知識・経験を持っている人
  • AIで作成した内容を信頼できない人
  • 記事作成にお金を使いたくない人

上のどれかに当てはまる人がAIで楽をしたいなら、Creative Driveよりも自由に指示して書けるChatGPTを使った方がいいです。

あわせて読みたい
【AIで出来るアフィリエイト】ブログ記事をChatGPTで書いて稼ぐ方法 簡単に稼ぐための記事を作れたらいいな、と思いませんか?僕はいつもできるだけ楽をしたいと思っています。 もしも僕と同じ様に思うのであればAIを利用したアフィリエイ...

他のAIライティングツールとの比較

Creative Driveは他ツールと比べても使いやすく、時間効率と費用対効果が優れています。

単純に料金と文字数だけを比較すればもう少しお得なツールはあります。

1ヶ月で作成できる文字数の比較
  • SAKUBUN   :9,800円/月 → 10万字/月
  • AIブログくん  :8,200円/月 → 約9万字(1記事当り6,000字の場合)
  • Creative Drive:10,000円/月 → 約8万字(1記事当り8,000字の場合)
  • Transcope   :11,000円/月 → 5万字/月

ですが、Creative Driveはキーワードの入力だけで記事が書けるので、操作の簡単さではダントツです。

また無料プランでもGPT-4で記事作成ができるので、実際に試してから有料プランにするか決められるのもいいですね。

一方でSEO対策まで考慮するならなどには劣ります。

手軽さを取るなら「Creative Drive」、SEOまで完璧にしたいならTranscopeSAKUBUNを使うのがいいでしょう。

こちらの記事で他のAIツールと詳しく比較しています。

Creative Driveのよくある質問

Creative Driveのよくある質問と回答を紹介します。

参照:Creative Drive公式「よくある質問」

サポートはありますか?

Creative Driveに関するご質問は、公式LINEまたは、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
※平日10:00-19:00で1〜2営業日以内に順次対応いたします。

解約はいつでも可能ですか?

1ヶ月毎の自動更新で、解約はいつでも可能ですがご返金は承っておりません。

個人でも利用できますか?

はい、個人・法人問わず、誰でもご利用頂けます。

おすすめのプランはなんですか?

弊社ではGPT-4での記事生成ができるStandardプラン(1ヶ月10記事)、Premiumプラン(無制限)を推奨しております。 生成精度がGPT-3.5のStarterプランより高いため、より良い記事生成が可能となります。

ワンクリック記事生成ではどのようなキーワードを入力すれば良いでしょうか?

Creative Driveでは、SEOで獲得したいキーワード(Googleで検索する)を入力することを推奨しております。

詳しくは以下をご覧ください。
Creative Driveに適したキーワード・失敗しない方法
SEOキーワード選定方法

記事生成が途中で止まってしまった場合、クレジットは消化されてしまいますか?

記事生成が最後まで正しく行われなかった場合、クレジットは消費されません。
また、記事生成が途中になってしまった原因は以下が考えられますので、再度お試しいただければと思います。
・生成した場所の電波状況が悪い
・生成の途中でブラウザを閉じたり、リロードしてしまっている

コピペチェックツールなどで、類似率が高いと診断されることはありますか?

β版の提供期間中に、生成した記事のコピーチェックを行っておりましたが、コピー判定された記事はありませんでした。ただし、今後コピー判定されないことは断言できかねます。

記事作成を楽にしたい人はCreative Driveを使うのがオススメ!

この記事ではCreative Driveの機能や使い方、メリットデメリットについて解説しました。

もう一度簡単にまとめます。

Creative Driveの総評
  • キーワード選定だけでSEO特化の記事作成が可能
  • 7,000字以上の記事を10分で作成でき、1時間弱で記事の投稿ができる
  • コピペ判定ツールもすり抜ける
  • プランはGPT-4を使えるStandard以上がオススメ
  • リード文やまとめは自分で書く必要がある
  • GPT-4のプランは料金が高め
  • 思い通りに生成されない場合クレジットが無駄になる

手軽に使えるメリットが大きいですが、その分いくつかのデメリットもあるため注意が必要です。

Creative Driveは、記事作成の手間を減らしたい人や手軽に記事を量産したい人が使うのがオススメです。

逆に料金が高く感じる人・AIを信用できない人・記事の内容にこだわりたい人には向いていないツールです。

ただ、向いていないと思った人でも3回までは無料でも利用できるので、一度試してみるのがいいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次