【有料級】初心者でもAIブログで稼ぐコツと進め方を完全解説

ブログ記事が読まれるリード文の書き方【テンプレート付】

  • 自分のブログ記事がなかなか読まれずに苦戦している
  • アクセスはあるけどすぐに離脱してしまう
  • 読者に共感される魅力的なリード文を書くことができない

良いリード文は読者の興味をそそり、記事全体の内容や価値を簡潔に伝えるものです。

とはいえ、誰にでも読まれるような文章を書くのは難しそうですよね。

そこでこの記事では、効果的なリード文を書くためのテクニックコピペで使えるテンプレートを紹介します。

具体的な例文を交えて解説するので、すぐに理解して自分の記事に使えるようになりますよ。

ぜひこの記事を最後まで読んで、あなたのブログがより多くの読者に読まれるきっかけを作りましょう。

リード文は、サイト全体の滞在時間を大きく左右します。収益性にも影響するので、ぜひこの機に覚えてしまいましょう。

目次

ブログでAI使って稼ぐ時の考え方をまとめました。

上位表示できるキーワード選定の方法や、AIブログの書き方も詳細に解説するので、ぜひご覧になってください。

ブログのリード文は読者に第一印象を与える

リード文

リード文とは簡単に言うと「映画のCM」

リード文とは記事の導入部分のことで、読者の興味を引いて記事の内容を簡潔に紹介する短い文章です。

この文章を読むと、読者はそのブログの記事がどんな内容かをすぐに理解でき、興味を持ってもらいやすくなります。

リード文は、いうなれば「映画のCM」のようなものです。

CMで紹介されている映画がどれだけ面白そうか、見どころがどれだけあるかが伝わってくると、その映画を見に行きたくなるでしょう。

リード文も「映画のCM」と同じで、記事の「見どころ」や「面白いポイント」を短く紹介して、読みたいと思わせる役割があります。

なのでリード文を作るときは、その記事の一番いいところや面白いところを短く、そして分かりやすく伝えることが大切です。

そうすることで、多くの人にその記事を読んでもらえるようになります。

リード文の重要性

ブログの読者というのは、「たまたま検索に出てきたから」という理由で訪れる人がほとんどです。

読者は一目見て「なんか違うな」「読む気にならない」と感じたら、すぐに離脱して他のサイトに移動してしまいます。

その一瞬のチャンスをつかむためにリード文を書き、読者が「この記事なら読む価値がありそうだな」と思うような書き方をしなければいけません。

上手なリード文を書くと、すぐにブラウザバックしてしまう人を減らして読者の滞在時間を延ばすことができます。

リード文には何を書けばいいか

リード文の役割は、読者の興味を引いて最後まで読み続けるように促すことです。

記事の第一印象はリード文で決まので、読み進めてもらうためには魅力的なリード文が必要です。

そのために以下の様な内容を含める必要があります。

  1. 記事の主題を紹介する
  2. 読者の関心を引きつける
  3. 記事の雰囲気を伝える
  4. 読者にメリットを伝える

どんなことが書いているのか、読みたいと思わせる文章か、どんな人が書いているのか、読むメリットはあるのか。

このような内容を簡潔に伝えることで、読者に本文まで読み進めてもらうことができるんです。


リード文は最後に書くべき?最初に書くべき?

結論から言うと、リード文は最後に書くべきです。

なぜかというと、記事全体の内容をしっかりと把握した上で、読者が興味を持ちそうなポイントをまとめるからです。

記事を全部書き終えてからだと、何が一番大切な情報か、どんなことに興味を持ってもらえそうかがよくわかります。

友達におすすめの本を紹介するイメージをしてみましょう。

「この本は宇宙飛行士が大冒険する話でとっても面白かったよ!」といった風に、本の内容を全部知っているからこそ、どんな部分を強調すればいいかが分かるんです。

だから、最初に大まかな記事構成を作り、本文をある程度書き上げてから、最後にリード文を考えるのがいいでしょう。

そうすることで、読者に「もっと読みたい」と思ってもらえるリード文を書くことができます。

読者にブログ記事を読ませるリード文の書き方

ここからはリード文の書き方を、具体例を交えて詳しく解説していきます。

リード文は「読者の関心を引く」→「興味をそそる情報を伝える」→「読み進めたくなる動機を与える」といった順序になるよう作成します。

そのために、以下の要点を抑えましょう。

  1. 読者が解決したい悩みや疑問をハッキリさせる
  2. 記事全体の主題を伝える
  3. 読者にとってのメリットを伝える
  4. 読者の気持ちを後押しする

では1つずつ見ていきましょう。

読者が解決したい悩みや疑問をハッキリさせる

読者が解決したい悩みや疑問をハッキリさせる

記事を読む人に「自分に向けた記事だ」と認識してもらうために、読者がこの記事を読もうと思った理由(悩みや知りたいこと)を明示しましょう。

例えばこの記事であれば、”リード文の書き方や必要性を知りたい人”の悩みを明確化しています。
これにより、「この記事なら自分の悩みが解決できるかも」と思ってもらいます。

この部分は太字や箇条書き、吹き出しなどで簡潔にわかりやすく表示するのがいいですね。

また、悩みの後に共感を伝えることで、読者との距離を縮めることも有効です。

共感を伝える
共感の例:

・マッチングアプリ関係の記事

 ↓

 簡単に理想の異性と出会えたら苦労しないですよね。

・資産形成や副業系の記事

 ↓

 金銭的な余裕がないと将来が不安かと思います。

②記事全体の主題を伝える

記事全体の主題を伝える

悩みを明示したら、読者に対して何が書いている記事か」「最初の悩みを解決できる内容かという事を明確に伝えることが大切です。

要約を3つくらいにまとめて簡潔に書くのがいいですね。

こちらも悩みを書く時と同じように、箇条書きにするのも見やすいのでおススメです!

箇条書きの例:

そんな悩みを解決するために、今回の記事では以下の内容について書いています。

  • リード文が大事な理由
  • 読者に読まれるリード文の書き方
  • 誰でもコピペで使えるテンプレート

③読者にとってのメリットを伝える

読者にとってのメリットを伝える

次に、この記事を読むことで読者は何を得られるのかを示しましょう。

読者は自分の悩みや疑問が解消されることを求めて記事を読みにきます。

なので、「この記事を読むことでどうなるのか」という理想の未来をイメージさせると、読者に「本文も読みたいな」と思わせることができます。

この記事であれば、「読み終えた後にリード文が書けるようになっている」という理想の未来を与えるように書いています。

④読者の気持ちを後押しする

読者の気持ちを後押しする

最後に、本文へと進んでもらえるように読者の気持ちを後押しします。

例えばこの記事を例に挙げると、

  1. リード文の書き方について知りたい人は読者に本文を読ませたい
  2. 読者に読ませたい理由はブログで稼ぎたいから

といった気持ちがあると想定して、ブログ収益化に関する一文を書いています。

他にも、

  • 重要な点を簡潔にまとめているので、5分で読み終わります。
  • この記事を読むだけで〇〇で失敗しない方法がわかります。

などのように、心理的なハードルを下げるのもオススメですよ!

【補足】解決できる理由や根拠を伝える

主題を伝えた後に、解決策が信頼できるものである理由や根拠を伝えることも有効です。

具体的には、筆者の実績や信頼できるデータ、実際に経験していることなどが書いていると信頼性が増します。

根拠や理由の例
  • 育児関連のサイト:育児経験のある父母、保育士の資格、など
  • 金融関連のサイト:FPの資格、銀行員として働いている、など
  • ダイエット関連のサイト:栄養士の資格、アドバイザーとしての実績、など

このような情報を見ることで、「こういう人が書いた記事なら効果がありそうだし読んでみよう」となるわけですね。

実績は絶対に書かなければいけないわけではありませんが、読了率を上げるための重要な要素と言えます。

ブログのリード文を簡単に書けるテンプレート

リード文の書き方で解説した流れに沿って、実際にブログ記事に使用できるテンプレートを紹介します。

汎用性が高く、悩みの解決を主題としている様々なテーマに応用しやすい例文を紹介します。

単純に面白そうな記事を探している人や、トレンド系の記事などはそもそもリード文が読まれないことも多いです。
なので、すべての記事に完璧に使えるわけではないので状況に合わせて使用して下さい。

【 】内を記事に合わせて書き換えてください。

STEP
悩みと共感
  • 【調味料は料理】にとって欠かせません。
  • 【朝起きたら体が重い】という悩みを持ったことはありませんか?
  • 【貯金額】は多い方が嬉しいですよね。
  • 【〇〇というアプリ】。最近SNSでも話題になってますよね。
  • 【勉強】が大事なのはわかるけど、【そんな時間は取れない!(どうしてもだらけてしまう。など)】
  • よくある質問に【ブログを続けるのは大変じゃないか】というのがあります。
  • 【社会人であれば】誰しもが抱える悩みに、【仕事の悩み】があります。
STEP
記事の主題
  • 今回は、そんな【記事の要約】をご紹介します。
  • この記事は、そんな【記事の要約】の意味と正しい使い方を説明します。
  • ここでは、【記事の要約】のコツと注意点をご紹介します。
  • 【記事の要約】するためのポイントを紹介します。
  • どうすれば良いのか、具体的な方法を確認していきましょう。
STEP
解決できる理由、根拠(実績などがある場合)
  • なぜなら、この【リード文の書き方】を実践したことで、当ブログの【読者の滞在時間が爆発的に伸びたからです。】
  • この記事を書く僕は【営業の成績】で、こんな結果を残しています。[結果がわかるものを掲示]
  • 以下の実績を持つ僕が解説します。[実績がわかるものを掲示]
  • 〇年間続けてきた僕が、誰にでも分かりやすくお伝えします。
STEP
読者にとってのメリットを伝える
  • 本記事の内容を真似するだけですぐに【プロ並みの記事を作成】できます。
  • 同じ時間働いたのに【給料が倍】になったら、嬉しいですよね。
  • この記事でしっかり学んで、【今までの自分】を見返してやりましょう。
  • これを覚えていることで、いざというときにも正しい判断ができるようになります。
STEP
読者の気持ちを後押しする
  • 重要な点だけを簡潔にまとめているので、5分で読み終わります。
  • 【ブログの書き方】を学ぶことで、【ブログ記事だけではなくwebライティングなど】で稼ぐことも出来ますよ!
  • 【健康な身体】を作って【周りの人からの印象も良いものにしましょう!】
  • 【これから始める上で】知っておきたい注意点も記事の最後に紹介するので、ぜひ最後まで目を通して参考にしてください。

基本はコピペで使い、足りないと思った部分は自分なりの言葉で足し加えるのがいいですよ!

テンプレートを使って読者を引き込むリード文を書こう

リード文の書き方まとめ
  1. 読者の悩みをハッキリとさせる(共感を伝える)
  2. 記事全体の主題を伝える
  3. 解決できる理由、根拠(実績などがある場合)
  4. 読者にとってのメリットを伝える
  5. 読者の気持ちを後押しする

1~5の順番でテンプレートを使って書く。慣れたら自分で考えて書いてみよう!

リード文は言うなれば、読者の興味を引き本文という主役をよりよく見せるための助演です。

そのため、リード文と本文が食い違っていてはどんなに魅力的なリード文を書いても意味がありません。

初心者にありがちですが、「リード文を先に書いたら本文の内容と一致しなくなった」ということもあるので、本文を書いてからリード文を書くのがオススメです

そして今回紹介したテンプレートを利用して自分なりの型を作りつつ、記事に合わせて臨機応変にアレンジすれば記事を読み進めてもらえるリード文が作れます。

リード文は記事の評価に大きく影響するので、この機会にぜひマスターしておきましょう!

リード文の次は主役となる「本文」の書き方も勉強するのがいいですよ。

あわせて読みたい
初心者でもできる!ブログで読みやすい文章を書く7つのポイント ブログ記事を書く上で読みやすさが大事と言われますが、なぜ記事の読みやすさが必要なのでしょうか。 それは、ブログの読みやすさが読者が記事を最後まで読むかどうかに...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次